トップページ > ハローワーク 雇用保険

雇用保険の手続きはハローワークでしていきます

退職すると、会社から離職票が送られてきます。それを、持参してハローワークで雇用保険の手続きをしていきます。退職の理由により、雇用保険のもらう時期が関係してきます。リストラや倒産などの会社都合の場合は、7日の待機期間のあと受給が開始されます。しかし、自己都合の場合にはこの7日の待機期間にプラスして3ヶ月はもらうことができません。ハローワークでは、この雇用保険の説明会を開催してこれを受けることが資格をもらう条件です。ここで問題になるのが、公的年金を受給しているとどちらかの選択になることです。ハローワークでの手続きをした次点から年金は一時停止します。ですから、どちらがお得になるか検討をしてから手続きをすることが大切です。自己都合の場合の3ヶ月間の間に、仕事が決まることがあります。この場合は、再就職手当が支給されます。こちらも条件があるので問い合わせることが重要です。ハローワークを、活用することで転職にも有利になります。